共通の話題があると仲良くなりやすい

憧れや理想・・色々あるけどやっぱり勘違いしていることもあるような気が・・・。

辛いだけじゃない恋愛

過去の恋愛で辛い経験をすると、
「もう辛い思いはしたくないから恋愛はこりごり」
と思うのではないでしょうか。
確かに辛い思いをすれば、
誰でも二度と同じ思いはしたくないと思うでしょう。
しかし、辛いからと恋愛から避けているだけでは
自分を成長させることが出来なくなってしまいます。

恋愛というのは時に楽しく、
時に辛いものではありますが、
自分を磨くきっかけをつくり出し、
新しい自分と向き合えるチャンスとも言えます。
理想のタイプの人に出会い、
ただ思いを抱き続けているだけであれば
自由に片思いを楽しむことが出来ますが、
交際になるとそういう訳にはいきません。
自分の思いだけで行動するのではなく、
相手の気持ちを慮りながら行動しなければなりません。
「相手は楽しんでいるだろうか」
「もしかして辛い思いをしていないだろうか」と、
常に相手に対する配慮を忘れないようにしましょう。

そうすれば、いかなる場合も
自然に誰かのことを考えながら行動出来るようになり、
自分の思いだけで動くようなことは控えるようになります。
好きな人だからこそ、大切な人だからこそ、
思いやる気持ちというものは大切なはずです。
このような気持ちが芽生えれば、
周りの友達や家族にもこれまで以上に
大切にしたい気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか。
恋愛とは、それだけ
成長させてくれる可能性があるということです。

「恋愛は辛い思いをするからしたくない」
と敬遠している人も、
思い切って新しい恋愛を見つける努力をしていきましょう。
次の恋愛は辛いものではなく、
楽しいものになる可能性もあるのですから、
辛いと一方的に決めつけてはいけません。
恐れず、前を向いて進んでいきましょう。



-恋で自分を磨く-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

さりげない言動にこそドキッとする

出会いを経て
気になる相手との関係を深めていく途中、
色々な会話を交わす中で
相手をうまくドキッとさせられれば
関係の発展も望めるものです。
一見難しく感じるかもしれませんが、
さりげない一言でもそれは十分に可能なのです。
長時間話していても何もないこともありますが、
最後のたった一言で
ドキッとさせられれば結果オーライでしょう。

例えば何か相談をしたとき、
「本当に優しいね」と一言伝えてみます。
相手は思わずドキッとしてしまうでしょう。
とりわけ気にしている女性から
「優しい」と言われれば、
ついついドキッとしてしまうものです。
「自分に好意を持ってくれているのでは」
と嬉しさを感じたとすれば、
その後のコミュニケーションも発展していくでしょう。

そして恋人相手に結婚を意識させたい時、
「いい父親になりそう」などと伝えると
ドキっとさせられます。
子供の相手をしている時、
ついつい結婚後の父親像をイメージして
しまったなどと伝えるとより効果的でしょう。
言われた男性は嬉しさを感じて、
結婚について想像するはずです。
付き合っている期間が短ければ、
彼女が結婚まで真剣に考えていると思えて喜ぶでしょう。

また、会話の最後などに
「あなたと話していると楽しい」
と逐一伝えていきましょう。
「一緒にいることが楽しい」
と自分の素直な気持ちを伝えれば、
相手はドキッとしてくれるはずです。
そして相手も「もっと一緒にいたい」
という気持ちをより強くすることでしょう。



-ドキっとする異性の言動-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

年上の相手に伝える言動

年上の男性が好きな女性で、
大人の魅力を感じる
素敵な男性との出会いを求めている人は
多いでしょう。
大人の魅力とは同年代の男性からは
あまり感じられない、
落ち着きもしくは
包容力を感じさせるようなことです。
出会いの瞬間から
それを感じさせてくれる相手がいれば、
ぜひアプローチしたいはずです。

しかしアプローチをしてみようと考えても、
「相手から子供扱いされるのでは」
「妹みたいに扱われてしまうのでは」と、
不安になってしまうこともあるでしょう。
しかしそこで何もしないより、
思いきってアプローチしてみなくては
何も始まりません。
相手が年上の男性だということを念頭に置いて、
自分のことを可愛いと思ってもらえるように
トライしてみましょう。

手始めにこちらの弱みを見せ、
男心をくすぐってみるのはいかがでしょう。
ポイントは相手の自尊心を保ちつつ、
こちらの弱みを見せる言動です。
例えば少し子供っぽく甘えてみたり、
相手にしかできないお願いをしたりするのです。
小さなことでも男性は
「自分のことを頼っている」
と思うと嬉しくなるものです。

そして年齢の差をあまり感じさせない、
共通の話題を見つけることも重要です。
ジェネレーションギャップについて
意識する年上の男性も多いですが、
二人の会話の中で出た話題や議論には、
丁寧に反応していきましょう。
相手を「自分に興味があるのかな」と
ドキッとさせられれば、
会話を弾ませられることも難しくないのです。

最後に決して大人ぶらず、
逆に年下という点をアピールしていきましょう。
あえて子供っぽさ、年相応の自分を見せることで
かわいいと思ってもらえます。
ただし度を越さないアプローチを心がけましょう。



-ドキっとする異性の言動-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram