共通の話題があると仲良くなりやすい

憧れや理想・・色々あるけどやっぱり勘違いしていることもあるような気が・・・。

それぞれの好み

片思いの人や恋人からもらう連絡で、
女性の多くは電話かメールかなら
電話のほうがいいと感じているという
アンケート結果があるそうです。
確かに、好きな人の声を聴くと安心したり
リラックスしたりできるものです。
女性の方が男性よりも
聴覚や嗅覚に敏感だという説もあり、
好きな人から電話してほしいと考える女性は
多いでしょう。

ですが、自分がそのほうがいいからといって、
相手の男性もまたそうであるとは限りません。
内容にもよりますが、女性に比べて男性の方は
「自分の好きな時間に見ることができる」
「返事に時間をかけられる」といった理由で
メールのほうがいいと考える人が少なくないからです。
一日のうちに仕事などで
時間の自由があまりない男性ほど、
自分の空いた時間に気兼ねなくやり取りできる
メールというツールのほうが
ありがたいと感じている傾向があるのです。
しかしもちろん、男性でもメールより
電話のほうが好きだという人もいるでしょう。

ポイントは、自分の恋人や好きな人が
メールや電話についてどう
考えているかを把握することです。
自分が電話が好きだからと電話ばかりしていては
相手に鬱陶しいと思われてせっかくの出会いや
関係を発展させるチャンスを
無駄にしてしまうかもしれません。
また、男性はメールのほうがいいのだと
思い込んでメールばかりしていても、
何だか距離があると受け止められる可能性もあります。
二人の関係を気まずいものにしないために、
まずは自分の好きな相手がどのように考えているのか
きちんと知っておきましょう。


-メールか電話か-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

広告を非表示にする

突然の電話で振り回す

素敵な人、もしくは好みの人に出会い、
「この人と付き合いたい」と思って行動する時、
どのような方法で相手と
コミュニケーションを取るでしょうか。

恐らく、多くの人がメールを使って
まずは当たり障りのない内容を送ったり、
思いきって遊びに誘ってみたりするはずです。
もちろん、この方法が有効でないわけではありません。
恋愛というのは相手と親密になることが必要ですから、
相手にメールすることで
自分のことを考えてもらうのは良い方法でしょう。
好きの反対は無関心といいますから、
何はさておき自分のことに興味を持ってもらって
親密度を高めることが、恋愛関係に発展させる近道です。
学生時代に同じクラスの人を好きになったけど、
クラスが変わると好きではなくなったという経験を
したことがある人もいるかもしれませんが、
これも普段の親密度と恋愛感情が
関わっていることを表しているといえます。

何気ない事でもメールを送るのは
親密度をあげる方法のひとつですが、
特に用がなくても電話をしてみることもおすすめです。
もちろん相手の迷惑になるような時間帯は
避けてください。
そして大切なのは、
何度も続けてかけないということです。
もし電話をして相手が出なかったらすぐに諦めましょう。
そして折り返しがあって気が付かなくても、
さらにかけ直さなくてもいいのです。
そういう時は「気が付かなかった」とか
「また今度」といってさらりと流しましょう。
相手は「なんだったのだろう」と気になるはずです。
ポイントは気にさせることです。
また、もし相手がこちらを誘いたくても
きっかけがないと思ってくれていたら、
その機会を与えることにもつながります。

普段メールでやり取りすることが当たり前だからこそ、
突然電話をしてみるのは
お互いにとって刺激になるはずです。
二人の関係を進めたいのなら、
思いきって電話してみましょう。


-メールか電話か-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

気まずいからこその電話

素敵な出会いに恵まれて、
晴れて恋人同士になることができても、
小さなすれ違いが積み重なって
別れへとつながるという悲しいことは
残念ながらよくある話でしょう。
できればそのような事態は避けたいものです。
しかし、人間同士で生きてきた環境も違えば、
価値観も違って当然で、
考え方を構成する要素が違うのですから、
恋人でもぶつかるのはある意味
当たり前だということができます。
ポイントは、そういったぶつかる瞬間が現れた時に
どのようにして解決するかということです。

今はラインだったり様々なSNSを利用したり、
手軽なメール感覚でたくさんのメッセージを
素早くやり取りすることができます。
恋人同士でそのような
ツールを利用している人も多いでしょうが、
もし喧嘩したり気まずい雰囲気になった時に
そういったメールで相手を
責めるようなことをしていないでしょうか。
まずはそれを控えてみましょう。

人間は、言葉ひとつから何もかもを
読み取れるわけではありません。
一説によると、言葉そのものからでは
10パーセント程度、
あとは相手の声の調子や表情から
感情や真意を読み取っているといいます。
ラインやメールで届いた言葉がきつくて、
びっくりした経験がある人もいるでしょう。
恋人と喧嘩をしたり嫌な気持ちでいたりするときは
余計に言葉を悪い方に
受け取ってしまいがちですから、
そういった気まずい時こそ電話で
連絡を取るようにしてみましょう。

相手と面と向かって話すと
ヒートアップしてしまう可能性がありますが、
電話ならそれよりは冷静に話せるかもしれません。
また、こちらの声の調子が伝わるので、
言葉だけのときより相手に
ストレートに衝突することも少ないはずです。
しっかりと話し合って問題解決を目指し、
恋人とよりよい関係を築きましょう。


-メールか電話か-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram