共通の話題があると仲良くなりやすい

憧れや理想・・色々あるけどやっぱり勘違いしていることもあるような気が・・・。

年上の相手に伝える言動

年上の男性が好きな女性で、
大人の魅力を感じる
素敵な男性との出会いを求めている人は
多いでしょう。
大人の魅力とは同年代の男性からは
あまり感じられない、
落ち着きもしくは
包容力を感じさせるようなことです。
出会いの瞬間から
それを感じさせてくれる相手がいれば、
ぜひアプローチしたいはずです。

しかしアプローチをしてみようと考えても、
「相手から子供扱いされるのでは」
「妹みたいに扱われてしまうのでは」と、
不安になってしまうこともあるでしょう。
しかしそこで何もしないより、
思いきってアプローチしてみなくては
何も始まりません。
相手が年上の男性だということを念頭に置いて、
自分のことを可愛いと思ってもらえるように
トライしてみましょう。

手始めにこちらの弱みを見せ、
男心をくすぐってみるのはいかがでしょう。
ポイントは相手の自尊心を保ちつつ、
こちらの弱みを見せる言動です。
例えば少し子供っぽく甘えてみたり、
相手にしかできないお願いをしたりするのです。
小さなことでも男性は
「自分のことを頼っている」
と思うと嬉しくなるものです。

そして年齢の差をあまり感じさせない、
共通の話題を見つけることも重要です。
ジェネレーションギャップについて
意識する年上の男性も多いですが、
二人の会話の中で出た話題や議論には、
丁寧に反応していきましょう。
相手を「自分に興味があるのかな」と
ドキッとさせられれば、
会話を弾ませられることも難しくないのです。

最後に決して大人ぶらず、
逆に年下という点をアピールしていきましょう。
あえて子供っぽさ、年相応の自分を見せることで
かわいいと思ってもらえます。
ただし度を越さないアプローチを心がけましょう。



-ドキっとする異性の言動-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

少し隙を見せる言動がポイント

出会いから色々な態度を見せていても、
ふとした瞬間に隙を見せると
相手はドキッとしてしまいます。
あえてそれを意識させるような言動や態度によって、
相手は出会いの頃には感じなかった
胸がときめく瞬間を味わうかもしれません。
感じ方は人それぞれですが、
相手に自分を特別に意識させていくためには、
相手にしか見せない特別な言動を心がけましょう。

たとえば地方から上京して、
交際を始めた相手に
うまく隙を見せられるチャンスとして、
不意に出てくる方言があるでしょう。
好みにもよりますが、女性が話す方言に
可愛らしさを感じる男性は多いものです。
方言を話す女性はそれだけで好感度が高くなるでしょう。

方言にはそれぞれの地方の
独特な言葉やイントネーションがあります。
これを何気なく話すことによって、
上品さであったり柔らかい印象だったり、
そして上京しても変わらない人柄を
感じさせられるはずです。
素朴もしくは清楚なイメージを
相手に与えることができるでしょう。
しかし方言がポイントだといっても、
自分が住んできた地域以外の方言を
使って好感度を得ようとしてはいけません。
例えば関西で全く生活したことがないのに
関西弁を使っていると、
相手は「からかっているのではないか」と
不快に感じる可能性があります。
相手が関西出身だった場合、
違和感で会話がぎこちなくなることもあるので、
あくまでも出身地の方言のみを使うようにしましょう。

また、おねだりをする際に、少し子供っぽく伝えてみると
相手はドキッするかもしれません。
女性に甘えられることに対して弱い男性は多いため、
子供っぽい直接的な言葉を利用されると、
かわいいワガママもついつい許してしまうものです。



-ドキっとする異性の言動-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram

上目遣いでドキッとさせる言動を

恋人ではなくても、
付き合いのある異性から出会いの頃に
はあまり見られなかったような態度を示されると、
思わずドキッとする人は多いのではないでしょうか。

女性の特権ですが、
何気なく甘えるような言動で男性にアピールすると、
相手はドキッとして
好意を寄せてくれる可能性が高くなるでしょう。
会話を交わす時など、わざとらしい上目遣いではなく、
身長差などで自然と上目遣いにして
相手を見つめるとドキッとさせられるかもしれません。
ここで一押し、にっこりと笑顔でアピールすると
男心に響くはずです。
上目遣いに加えて笑顔も武器にして、
虜にしてしまいましょう。

アプローチに効果的な言動として、
自分が初めて見た、知ったことに対して
リアクションを交えながら
相手に話すというものがあります。
もしも相手が自分より年上であれば、
その分長く人生を歩んでいるため、
大したことではない、
はしゃぐようなことではないと思う出来事でも、
年下で人生経験の少ないこちらにとっては
初めて経験する出来事もあるはずです。
そこで、相手をキラキラとした目で見つめながら、
はしゃぐように
「すごいですね」と言ってみるといいでしょう。
これだけで相手はこちらに
関心と好意を持ってくれる可能性が高くなります。
「こんなことではしゃぐなら、
もっと色々なシチュエーションを見せたい」
と考えるでしょう。

また、相手が恋人の場合、
自分を恋人にしてくれたことを感謝する言動を見せると、
相手はドキっと胸を高鳴らせるはずです。
「あなたが大好きでそばにいられることが幸せです」と、
素直に感謝を伝えましょう。
素直で飾らない言葉は恥ずかしいかもしれませんが、
日常の会話で明るくさらっと話せば抵抗も少ないでしょう。



-ドキっとする異性の言動-


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram