共通の話題があると仲良くなりやすい

憧れや理想・・色々あるけどやっぱり勘違いしていることもあるような気が・・・。

押しに弱い自分を認める

いつも交際相手の勢いに押され気味で、
自分の気持ちを抑えたり、
我慢したりしている人は
少なくないものです。

そんな押しの弱い人について
「もっとはっきり自分の気持ちを
出せばいいのに」などと
呆れる人もいるかもしれませんが、
当人からすると、
「自分の意見で相手を
傷つけてしまうかもしれない」
「すれ違ったり、相手と揉めたりして
問題を起こしたくない」と思う、
優しくておとなしい性分からの
言動だからこそ、強気に
出られないのではないでしょうか。

しかし、恋愛面で押しが弱いことは
あまり良いとは言えません。
自分が好きになった人に
アプローチすることもできず、
特に興味もない相手から
強く言い寄られてはっきりと
断りきれずに付き合ってしまうという
パターンも少なくないでしょう。
それではお互いのためにならないと、
自分の気持ちに正直にきっぱり
断ることもあるかもしれませんが、
おそらく直後に
「言い過ぎたかも、悪いことをした」
と落ち込んでしまうのでは
ないでしょうか。

思い切って、そんな押しの弱い
自分を認めてしまうのもアリです。
押しに弱いということは、
ぐいぐい押してきてくれる相手が
いるということです。
その人との出会いやご縁が良いものなら、
どうしても嫌でなければ、
誠心誠意を尽くして交際してみても
いいのではないでしょうか。
始まりは相手からの
強い押しだったとしても、
いざ付き合い始めてみると、
相手の良さに改めて気づくかも
しれません。
そのうち、愛情も育まれ、
素敵なカップルになれる
可能性もあるのです。


- 押しに弱い人 -


f:id:canichelove:20130226154419g:plain

ブログランキングならblogram